厳美渓

四季が彩る
ダイナミックな造形美

長い時を超えて、大自然が彫り上げた神秘的な渓谷と深いエメラルドグリーンの水流。

大地の造形と四季折々の鮮やかな色彩が織りなす、神秘の世界・厳美渓へ。

  • image01
  • image02
  • image03
  • image03

栗駒山から一関市内へと流れる磐井川の浸食により、ゆっくりと時間をかけて形成された国の名勝、天然記念物・厳美渓。
エメラルドグリーンの水流に奇岩、巨岩、甌穴、深淵、滝など、約2kmにわたり「静」と「動」の渓谷美が続きます。
季節とともに変化する厳美渓の美しさに、仙台藩主・伊達政宗公は「松島と厳美が我が領土の二大景勝地なり」と
賛美の言葉を残したと伝わります。
年間100万人以上が足を運ぶ、一関エリアを代表する来訪者数No.1の人気スポットです。

厳美渓名物「だんご」食べ比べのススメ! 厳美渓 かっこうだんごを注文している様子

糸切りだんごで知られる「滝見だんご」は、地元産ササニシキのふわふわ食感が人気。海苔としょうゆあんの「いそべ」は、ここだけの味です。空飛ぶ「かっこうだんご」は、東屋から籠にお金を入れて木づちを叩くと、対岸の店舗からだんごとお茶が飛んできます。また、コーヒーやスイーツなどカフェメニューが豊富な「いつくしだんご」は、お土産選びや休憩もできます。3店舗を巡って、自分好みを探してみては

厳美渓周辺のマップ。近場には厳美渓温泉、かっこうだんご、甌穴、小松滝観音堂、御覧場橋、温泉神社、貞山桜などがあります。
甌穴の写真
甌穴(おうけつ)

甌穴とは、川の砂や小石が水流に乗り、クルクルと回転しながら少しずつ巨岩を削ってできた丸い穴。長い年月を経て川底の浸食が進み、もともとは水中にあったものが地表に姿を現したものです。何百万年という時間をかけて大自然が生み出した、地質学的にも貴重な価値のある景勝地です。

御覧場橋の写真
御覧場橋(ごらんばばし)

美渓に架かる橋の中で、唯一の吊り橋が「御覧場橋」です。春には、仙台藩主・伊達政宗公お手植えと伝わる「貞山桜」が見事に咲き誇り、渓谷に彩りを添えます。橋の上流には奇岩や巨岩など迫力の景観が、下流には深淵など穏やかな風景が広がります。吊り橋ならではの、一歩踏み出すごとにゆらゆらと揺れるスリルもお楽しみください。

こちらもオススメ

サハラガラスパーク

キラキラと輝く世界のガラス工芸品が集結した、ガラスのテーマパーク。ショッピングはもちろん、メニュー充実のレストランやカフェも。宙吹きガラスなど、インスタ映えバッチリの体験も可能。

一関市博物館

一関の歴史や文化を5つのテーマで紹介。中でも、日本刀の源流とされる「舞草刀」を手掛けた「舞草鍛冶」の歴史は必見です。キラリと光る刀剣のほか、蘭学、言海、和算など多彩な展示が魅力。

道の駅厳美渓

地元農家さんの新鮮な採れたて野菜からスイーツ、お土産品まで揃う産直施設。一関のもち文化を学べるコーナーのほか、レストランではぺったんぺったんつきたてのもち料理も提供しています。

アクセス

一関ICから車で約8分

JR一ノ関から車で約20分

市街地からのアクセスも抜群の厳美渓。
世界遺産の中尊寺、毛越寺へも車で約15分と近く、
旅のプランも自由自在です。

前のページに戻る