1. ホーム
  2. お知らせ一覧
  3. 一関・平泉地域連携DMO(観光地域づくり推進法人) 『一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO』 が発足しました。

お知らせ

2018.04.01

一関・平泉地域連携DMO(観光地域づくり推進法人) 『一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO』 が発足しました。

 

 2018年(平成30年)4月、一関・平泉地域連携DMO(観光地域づくり推進法人)『一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO(※1)』が発足しました。

 

この組織は、一関・平泉エリアを東北有数の観光地として確立させ、住民や旅行客がともに「豊かさ」を感じることができる持続可能な地域経営を行うことを目的としています

 

「観光地域づくり」は、観光に関わる事業者だけでなく、行政や宿泊、飲食、文化、スポーツ、農林漁業、商工業、交通、環境事業など様々な事業間の連携や、周辺エリアの地域住民と協同して、地域の「稼ぐ力」を引き出し、地域への誇りと愛着を醸成する「観光地域経営」の視点で実現していくことがねらいとなっています。 

『一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO』の事業内容

  1. 観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成

  2. 各種データ等の継続的な収集・分析、データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、KPI(目標の達成度を評価する指標)の設定・PDCA(方針及び実施状況をチェックし、改善する)サイクルの確立

  3. 関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーション

 が主なもので、幅広い地域事業者の方々のご意見や課題を集約し、「観光地経営」の視点で改善、実現を目指して参ります。

 

 

『一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO』の組織と体制

一関市、平泉町の商工団体、観光協会、事業者、両市町で構成される『一関・平泉ブランドデザイン機構』を合意形成の仕組みとして、この機構と連携を行いながら、『一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO』は事業を推進します。 

 

 

『一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO』組織体制

代表理事
松本数馬((株)イーハトーブ東北)
理事・構成法人メンバー
(株)イーハトーブ東北[一関市]
(株)松栄堂[一関市・平泉町]
世嬉の一酒造(株)[一関市・平泉町]
(株)京屋染物店[一関市]
川嶋印刷(株)[一関市・平泉町]
(有)翁知屋[平泉町]
(合)ひらいずむ[平泉町]
(株)マガジンハウス[東京都]
事務局長(専従)
1名
業務担当(専従)
3〜4名
拠点
一BA[一関市上大槻街1-5]【facebookはこちら】
浄土の館[平泉町平泉字毛越248]【公式サイトはこちら】

 

   

お問い合わせ

一般社団法人 世界遺産平泉・一関DMO   

 

   

担当:佐藤・阿部  

 TEL・FAX:0191-48-3838

E-mail:coba.ichinoseki@gmail.com 

 

前のページに戻る

ページトップに戻る